販促効果のあるチラシ印刷は業者におまかせ|用途に合わせた仕上がり

印刷の実施と広告の代行

色見本

業務範囲の違いに着目

販促のためにチラシ印刷を行うときには業者の選び方によって行ってもらえることに違いがあります。通常の印刷業者にチラシ印刷を依頼すると業務範囲は印刷業務のみというのが典型的であり、チラシを印刷して納品してもらうだけになるでしょう。最近ではチラシのデザインから行ってくれる業者も増えてきていて選ぶことが可能です。一方、チラシ印刷をしたときにはそれによる宣伝広告を行うことになります。新聞会社に依頼して折込チラシとして配布してもらったり、ポスティングを行って広く地域に知らしめたり、ダイレクトメールを作成して顧客に送付したりするなどの様々な方法でチラシを活用することが可能です。広告の代行業者に依頼することによってチラシ印刷から宣伝広告までを業務範囲として依頼することもできます。代行業者に依頼した場合にはチラシのデザインから代行してくれるサービスが提供されていることが多いため、チラシを使った販促を行いたいという趣旨を伝えるだけで適切な方法を考案して提示してくれるでしょう。デザインされたチラシは自由に利用できるのが一般的であり、チラシ印刷を別途依頼して利用することも可能です。チラシ印刷を業者に任せるときにはそれ以外の部分をどれだけ業務範囲としてカバーして欲しいかを考えて選ぶのが良いでしょう。大別すれば印刷業者か代行業者かに分類できますが、個々に業務範囲が異なっているのでよく比較して選ぶ必要があります。

葉書

DMを作成する

圧着ハガキを使えば、ハガキの料金で倍以上の宣伝効果をもたらすでしょう。圧着ハガキを作る際には、専門業者に依頼するのが一般的です。ハガキの折り方から用紙の種類など指定できる内容は豊富です。

冊子

趣味の本を作ろう

同人誌印刷では安さをまず重視しましょう。限られた予算の中で同人誌を作るのは大変ですが、安価で利用できる印刷所があればなにかと助かります。あとは納期も同人誌をしていくうえでは重要です。短い納期で対応してくれる業者なら、いざ締切に間に合わなくても安心です。